イタヤカエデの角トレー


イタヤカエデ材を彫り進めて作成した角トレーです。
大きさは約300mm×200mm×20mm。

お盆には少し小さいですが、菓子などを乗せるのにちょうど良い大きさ。
ちなみに、乗っているのは山で拾ってきた栃の実です。

f/5.6,1/320秒,ISO4000
IMG_4435-s

イタヤカエデは日本産のカエデで、目の詰まった木質と光沢が特徴です。
個人的に好きな木材なのですが、硬い材なのでかなり根気のいる作業になります(汗)

Canon EOS 6D、Makro-Planar T* 2/50 ZE、Adobe Photoshop Lightroomで現像

彫り納め

本当に久しぶりの更新ですね。
気が付けば大晦日…、2016年はバタバタとした1年になりましたが、無事に乗り切ることができました。

今年を振り返ると、木工を始めたことが一番大きな出来事だったと思います。
道具やら木材が順調に増えていき、ついには保管場所が足りず自室も木材だらけという状態に(汗)

f/4,1/250秒,ISO4000
IMG_3958-s

ちなみに、今日は早めに作業を切り上げて、道具の手入れと木材の整理を行いました。
ようやく手にも馴染んできたので、今後も長年頑張ってもらいましょう。

それでは皆様、良いお年を。
新しい年もよろしくお願いします。

Canon EOS 6D、Makro-Planar T* 2/50 ZE、Adobe Photoshop Lightroomで現像

栗の丸盆

気が付けば一カ月以上放置していました…。
体調は相変わらずで、なんとか頑張っているところです。

写真を撮りに行く気力がないので、休日はもくもくと木を彫ってストレスを発散しています(笑)
気が付けばけっこうな数になってきました。

ちなみに真ん中にあるのが、前回5/11に紹介した試作1品目のブラックチェリーの平皿(φ170mm×20mm)です。
左下が本日完成した栗の丸盆(φ300mm×25mm)、左上が栗の角トレー(φ300mm×200mm×20mm)。

右下が山桜の丸皿(φ270mm×25mm)、濃い茶色はブラックウォールナットの角皿と楕円皿。
右上は色が薄いブラックウォールナットの丸皿(φ270mm×20mm)、で、これだけサンドペーパー仕上げです。

バターナイフは山桜とブラックウォールナット。
箸置きは上からブラックウォールナット、カリン、楢、ブラックチェリー、メイプルです。

f/2.8,1/250秒,ISO1600
IMG_1601-s

まだまだ試作段階ですが、一番悩まされているのが「反り」です。
板のままでも反ることはありますが、彫り進めるとかなり変動する場合があり、修正できないこともあります。

次に大変なのが丸ノミや彫刻刀の「研ぎ」。
刃が丸いので思った以上に難しく、ちょっとしたミスで刃こぼれを起こすと修正に1時間近く掛かります。

まあ、いずれも経験ですかね…。

Canon EOS 6D、Distagon T* 1.4/35 ZE、Adobe Photoshop Lightroomで現像

木の器

3月にたまたまインターネットで目に留まった木彫りの器。
ノミ跡を残したデザインと木目の美しさに嵌ってしまい、気がつけば1ヶ月ほどで材料を揃え実際に作成してしまいました。

これは試作1品目のブラックチェリー材の平皿。
φ170mm×20mmと小ぶりですが、初めての作成としては上出来でしょう。

f/5.6,1/250秒,ISO5000
IMG_1529-s

4月より職場の環境が変わり体調も崩れ気味…。
写真を撮りに行く元気はないのですが、休日の木工作業が気晴らしになっています。

Canon EOS 6D、Makro-Planar T* 2/50 ZE、Adobe Photoshop Lightroomで現像

Pagination

Utility

プロフィール

緩雲

Author:緩雲
香川県西部に生息
休日に撮った写真を更新しています。ギターやお絵かきも好きだったり。最近は木工がマイブーム♪

フォトライブラリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

サブカテゴリ

ブログ内検索