スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開放

ディスタゴン25mm、絞り開放。
コントラストが高い条件な上に硬調の設定で現像しているから目立つのもあるが、このレンズの周辺減光はかなり大きい。

これを良しとするか駄目とするかは人それぞれだけど、個人的にはこのレンズの個性ということで楽しんでいる。
特筆すべきは開放から非常にシャープかつ驚くほど軸上色収差が少ない点。

もちろん絞った時の倍率色収差についてもまず気になることのないレベル。
こういった点は非球面レンズを採用したディスタゴン25mmの強みで、ディスタゴン28mmに比べて大きく優れている部分。

f/2,1/4000秒,ISO100
IMG_1429-s

逆にディスタゴン28mmの開放は柔らか味を伴った描写で、雰囲気の良い印象。
絞れば画面全体が均一で、周辺部は明らかにディスタゴン25mmよりも優れているから悩ましい。

Canon EOS 6D、Distagon T* 2/25 ZE、Adobe Photoshop Lightroomで現像

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://yurugumo.blog.fc2.com/tb.php/149-769c0934

Comment

Bunpei

こんにちは

私も周辺減光は気にしません。
好きと云ってもいいです。
この写真を観て最初に3.5/18mmの写りに似てるな思いました。

私的に手持ちレンズで写りは3.5/18mmが一番好きです。

25mm 欲しいです。
  • URL
  • 2014/02/07 11:02

yurugumo

周辺減光はいいですよね。

主要な被写体が浮かび上がりますし、味があって好きです。

3.5/18は現行ツァイスの中でも、高コントラストで力強い描写をしますね。

個人的には、まさに「ツァイス」の第一印象通りの描写です。

使ったことはないですが、3.5/18に近いのは2/25、2.8/25、2/35あたりかな?

2/25を簡単に説明すれば「ツァイスの癖と高性能の両方を楽しめるレンズ」でしょうか。

好みにはよると思いますが個人的には好きなレンズです。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

緩雲

Author:緩雲
香川県西部に生息
休日に撮った写真を更新しています。ギターやお絵かきも好きだったり。最近は木工がマイブーム♪

フォトライブラリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

サブカテゴリ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。